ファミコンから始まったゲーマー人生。今ではPC、ガジェット、競馬や音楽なども好きな管理人によるレビューや気になるニュースを。

あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど

ゲーム レビュー

【Owlboy(オウルボーイ)】2Dのドット絵でも美麗な表現!【レビュー・評価】

更新日:

こんにちわ、2018/2/13にニンテンドースイッチ版がリリースされたことがきっかけで、Steam版を持っていたことを思い出したあーくです。

ドット絵のゲームをプレイしたのは久しぶりだったのですが、「Owlboy」が面白かったので、レビューさせていただきます。
(ネタバレは回避しておりますので、未プレイの方も安心してご覧下さい。)

システム 8/10点

空中を飛び回る独特な操作も、直感的にできるため快適

空中を飛び回る、という他のアクションゲームではなかなかない自由な操作が特徴的です。
空中操作も、ジャンプから動かしたい方向に動かすだけ、というシンプルな操作で可能なため、アクションが苦手な方でも簡単に操作できると思います!

主人公と味方キャラクターを操作しての戦闘

主人公はほとんど攻撃を行いません。ローリングで敵を怯ませることが出来る程度です。
攻撃は、味方を足にぶら下げ、そちらにさせます。
味方によって可能な攻撃の種類が変わり、それぞれのアクションを生かした簡単な謎解き要素などもあります!

もう少し2人のキャラを生かしたシステムがあっても良かったかも

上記のように2人を使ってステージを進めていくのですが、2人のキャラという特性を生かしてのアクションや謎解き要素などが、後半になるに連れて減ってしまった印象でした。

攻撃を行っているのは足にぶら下がった味方

グラフィック 10/10点

2Dのドット絵だからこそ出来る表現

もちろん最新の高解像度グラフィックを使用したゲームには負けます。
ですが、ドット絵ならではの陰影の表現がうまくされていて、「綺麗だな」と思いながらプレイできました。(開発に9年掛かっているというのも納得!)

森の中では常に草木が動き、広い空では雲が流れていきます。
特に物語中盤、夜の中でのステージの美しさは必見です!

音楽・効果音 8/10点

音楽は個人的には好き! ただ、効果音はちょっとチープ?

2Dアクションというジャンルの中では音楽は多彩なものになっており、場面の雰囲気にも合っていると思いました。開放感のあるステージでは広大な雰囲気のBGM、洞窟の中などでは緊迫感があるBGM、とプレイヤーの感じている印象に合わせて音楽も変化します。
サウンドトラックも配信されているので、やはり評価されているのではないでしょうか。

ただ、音楽の良さに反して、効果音は少しチープな印象を受けました。敵の攻撃を受けた際にダメージを受けた、というより何かに当たった程度の音だったり、銃で敵を打つ時も「パン、パン」という感じの音だったりします。

ストーリー 9/10点

自由な冒険&王道ストーリー

最初は何も出来ない主人公が味方と協力し、だんだんと成長していき、巨大な敵に立ち向かうという王道ストーリーとなっています。難しいことを考えることなく、ストーリーを楽しむことが出来ると思います。
空を飛び回ることで自由に行動でき、ちょっと遠回りしてみたら宝箱を見つけた、なんてこともよくあります。

また、最初は進めない場所でもストーリーを進めて味方の力を借りることで進めるようになるので、進行に迷うこともほとんどありませんでした。

序盤~中盤にかけての主人公の扱いに違和感

主人公が話せない、フクロウなのに飛べない、ということで序盤から中盤にかけて周りからの扱いがひどいです。
会話のできない主人公の気持ちを画面越しに叫びたくなりますが、それを表現することは出来ません。ある意味ではゲームという作品を上手く生かした表現かもしれませんが、イライラする方もいらっしゃるかもしれません。

この先に道がある、と思って飛んでみると…
滝に邪魔されて落とされてしまいますが、後半になると味方の力を使い進めるように。

やりこみ 6/10点

コインを集めることで解放される要素

ステージの様々な場所に置いてあったり、隠されていたりする宝箱などから手に入るコインを集めることで、HPアップや武器の威力アップなどの要素が解放されます。
普通に進めることで70%近くのコインは回収できますが、残りはしっかりと探索しないと回収することが出来ません。ちょっと

やりこみ要素としては物足りない印象で、特に攻略に必須なものもありません。(HPアップは全部貰っておかないと若干厳しいかもしれませんが…)

衣装(帽子)が貰えるが…

これは意味あるのか?と思ったアイテムが、主人公衣装です。衣装といっても帽子をかぶるだけなのですが、この帽子、一度ゲームオーバーになると、再度店に戻るまで外れた状態になってしまいます。
なので、新しい帽子が手に入ったところで「頑張った感」が出にくいのがガッカリした点です。

コインを集めることで、ある場所に存在する店でアイテムが貰えるようになる。

総合 41/50点

やりこみ要素が少ないので、一度クリアすると何度もプレイしよう、とはならないと思います。
が、グラフィックや音楽は本当に素晴らしいので、王道ストーリーが好きな方、2Dドットが好きな方は絶対楽しめるゲームだと思います!

筆者はSteamでプレイしましたが、Nintendo Switchで販売中PS4でも2018/4/10配信予定なので、気になった方はプレイしてみてください!

-ゲーム, レビュー
-Nintendo Switch, PS4, Steam

Copyright© あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.