ファミコンから始まったゲーマー人生。今ではPC、ガジェット、競馬や音楽なども好きな管理人によるレビューや気になるニュースを。

あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど

PC ガジェット

「Geforce GTX 1060」以上でDXRリアルタイムレイトレーシング対応となることが発表!最高クオリティの映像体験を前世代ビデオカードでも

投稿日:

「GTX 1060」以上のグラボでもDXRリアルタイムレイトレーシング対応に!

Geforce RTX」シリーズの目玉機能であるDirectXレイトレーシング(DXR)ですが、前世代のビデオカードとなる「Geforce GTX 1060」以上でも使用可能となることが発表されました。

DXRリアルタイムトレーシングに関しての説明は下記の記事で行っていますので、気になる方はご覧になってみて下さい。

今回発表された前世代ビデオカードへのDXR対応は、大幅な技術の最適化による劇的なスピードアップの結果であるとのことです。2019年4月に予定されているドライバ更新以降、利用可能となります。

ただし、「Geforce GTX」世代のカードでは、専用のコアアーキテクチャを持つ「Geforce RTX 2080」に比べ、DXRの機能が落ちるほか「Geforce GTX 1080 Ti」ですらDXR利用の新作タイトルではfpsが60fpsや30fps未満になるとのこと。「3DMark」向けベンチマーク「Port Royal」では最大で5倍、『メトロ エクソダス』では最大で3倍ほどの差がつきます。
しかしながら、最新の美しいCGクオリティに近い内容が「GTX」シリーズから買い替えずとも楽しめるのは「Geforce GTX 1060」以上のユーザーには嬉しい対応ですね。

ちなみに、DXR機能の新規対応予定カード一覧は下記の通りとなっています。

・NVIDIA TITAN V
・GeForce TITAN Xp
・GeForce GTX TITAN X
・GeForce GTX 1660 Ti
・GeForce GTX 1660
・GeForce GTX 1080 ・Ti
・GeForce GTX 1080
・GeForce GTX 1070 Ti
・GeForce GTX 1070
・GeForce GTX 1060 6GBモデル

※同等のPascalおよびTuring GPUを搭載したラップトップも対象

-PC, ガジェット
-ニュース

Copyright© あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.