ファミコンから始まったゲーマー人生。今ではPC、ガジェット、競馬や音楽なども好きな管理人によるレビューや気になるニュースを。

あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど

PC ゲーム

重厚なアクションADV『A Plague Tale: Innocence』を紹介―残酷な時代を舞台に胸が張り裂けるような姉弟の冒険

投稿日:

アクションADV『A Plague Tale: Innocence』を紹介

Steam向けに2019年5月14日発売の新作アクションADV『A Plague Tale: Innocence』を紹介していきます。

本作は、14世紀フランスを舞台に、疫病が蔓延した村で宗教裁判に追われる姉Amiciaと弟Hugoによる逃避行が描かれるアクションアドベンチャーとなっています。
残酷な時代で、二人の姉弟の胸が張り裂けるような冒険の旅は必見です。

あらすじ

1349年。フランス王国は疫病に見舞われます。

Amiciaと弟Hugoは、病気で壊滅的な被害を受けた村で、宗教裁判に追跡されます。道中、他の子供たちと力を合わせ、火や光を使ってネズミの大群から逃げます。運命共同体のこのつながりのみが助けであり、生き残ろうとする身に計り知れない恐怖が襲ってきます。

冒険が始まると…彼らが純粋だった少年時代は幕を閉じます。 

若きAmiciaと弟Hugoと共に、残酷な時代を舞台に胸が張り裂けるような冒険の旅に出よう。

AmiciaとHugoは宗教裁判の兵士に追われ、ネズミの大群にぞろぞろと囲まれながら、思いやりあい、信頼しあうようになっていきます。
この残酷かつ容赦のない世界で、圧倒的に不利な状況を克服しようともがきながらも、生きる目的を見つけようと闘います。

キャラクター

Amicia De Rune

Amiciaはわずか15歳なのに、父親から狩猟で鍛えあがられた、肉体的に強い、自立した女性です。成長する過程で弟との交流はあまりありませんでしたが、2人の絆により生き続けることが出来ます。

Hugo De Rune

弟のHugoはわずか5歳の病弱な子供で、未知の病気を患い、部屋にこもって孤独な幼少期を過ごしてきました。外の世界のことをあまり知りませんでしたが、以前のこもりがちな生活よりもむしろ危険を好んでいます。

宗教裁判

14世紀、フランスが戦争と病気に飲み込まれる中、宗教裁判はなぜかDe Runeの子供、特に年少の子供を標的にして追跡します。大人の騎士に勝てる力のないAmiciaとHugoには、逃げるズルさと密かな行動力が必要です。

ネズミ

ネズミの大群は、フランス全土で途切れることのない波となっています。疫病に悩まされる村、郊外、戦場で手に負えぬ猛烈なネズミの大群が、進む先にあるものすべてをガツガツと食い尽くします。炎の光だけがこの大群の動きを鈍くできるようです。

「映画のように美しい」
「果てしなく魅力的な『A Plague Tale』ストーリー」
「心揺さぶる姉弟愛」

といった評価を発売前から受けている『A Plague Tale: Innocence』。
Steamストアページはこちらからどうぞ。

A Plague Tale: Innocence (輸入版:北米) - PS4
  • Maximum Family Games(world)
  • 価格   ¥ 5,405
  • 販売者 NinjaJoy ジヨップ
クリックして今すぐチェック

-PC, ゲーム
-Steam

Copyright© あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.