ファミコンから始まったゲーマー人生。今ではPC、ガジェット、競馬や音楽なども好きな管理人によるレビューや気になるニュースを。

あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど

ボードゲーム

「放課後さいころ倶楽部」第3話で登場したボードゲーム『インカの黄金』を紹介!退くか進むかの選択を試されるチキンレース

更新日:

ボードゲーム『インカの黄金』を紹介

ボードゲームをテーマにしたアニメ「放課後さいころ倶楽部」。

今回は、第3話で登場したボードゲーム『インカの黄金』を紹介します。

本作は、全員で罠が仕掛けられた遺跡に入り、財宝を発見していく。ただし、罠にかかってしまうと手に入れた財宝を全て失ってしまいます。どこまで進むのか、いつ戻るか、常に選択を迫られるチキンレースのようなゲームとなっています。

プレイ人数

・3~8人用

ゲーム開始時

・遺跡を表すカードの山札を用意。(全プレイヤーで共有)
・各プレイヤーは自分の財宝を隠しておくテントを1人1つ手元に置く。また、遺跡から帰ることを表すコマ(旧版はカード)を持っておく。

プレイ手順

(1).各プレイヤーは遺跡を進むか、それとも戻るかを選択します。進む人はコマを握らずに、戻る人はコマを握って、こぶしを突き出します。

全員が選択したら一斉にオープン。手にコマを握っているプレイヤーは、ここまでに獲得した財宝を持って帰ることが出来ます。獲得した財宝を自分のテントの中に隠しておきましょう。(財宝の獲得については後述。)
また、この時点で帰る道中に落ちている財宝を拾う事が出来ます。

(2).進むことを選んだプレイヤーは、山札の一番上のカードをオープンします。ここで出たカードによって、結果が変わります。

 ①財宝カード
 カードに書かれた数字分の財宝を、遺跡にいるプレイヤー全員で山分けします(ただし、まだテントに入れないこと)。余った端数はカードの上に置いておきます。
 端数の財宝は、戻ることを選んだプレイヤーで山分けしながら帰る。(ここでも端数が出た場合は、そのまま置いておく。)

 ②遺物カード
 遺物は割って山分けすることは出来ないため、2人以上のプレイヤーが進んでいる場合は獲得せずに置いておく。1人だけの場合は獲得する。
 また、この遺物は戻ることを選んだプレイヤーが1人だけだった場合、拾って戻ることが出来ます。

 ③危険カード
 5種類の危険カードがあり、初めて出現した種類の危険カードだった場合は何も起こらない。2回目の出現だった場合は、その時点で遺跡にいるプレイヤーは全員脱落します。脱落したプレイヤーは、今回獲得した財宝を返します。

(1)と(2)を繰り返し、全てのプレイヤーが脱落or帰還したら1ラウンドが終了。計5ラウンド行います。

勝利条件

5ラウンド終わった時点で、自分のテントに最も多くの財宝を獲得することが出来たプレイヤーが勝利となります。

『インカの黄金』は抜け駆けするタイミングが重要なチキンレース

以上、アニメ「放課後さいころ倶楽部」第3話に登場したボードゲーム『インカの黄金』を紹介しました。

遺跡を進めば進むほど獲得できる財宝は増えていくが、罠に掛かってしまって脱落してしまうと、獲得できる財宝が0になってしまう。また、戻るときに1人だと遺物をこっそり持って帰ることが出来る。

早めに抜け駆けした方がいいのか、それともどんどん進んで獲得できる財宝を増やしていくのか、まるでチキンレースのような駆け引きが繰り広げられるゲームとなっています。

・前回の第2話で登場した『ごきぶりポーカー』の紹介記事はこちら。

・次回の第4話で登場した『ニムト』の紹介記事はこちら。

-ボードゲーム

Copyright© あーくBLOG ~ゲームやPC、ガジェットなど , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.